羨望!パソコンを自作できる能力がある人々

普及する前のパソコンの自作

パソコンが普及する前の、パソコン通信の時代、パソコンを自作していた人たちがいるんですよね。そんなの当たり前だ、と思う人もいるんでしょうが、素人からすると驚異的ですよ。現在のように、インターネットで用意にノウハウが手に入る時代じゃなかったのに、自作できるって、すごい知能だと思います。仰ぎ見るような感覚になるというか。パソコンカバーを外して掃除するのもおっかなびっくりな者としては、うらやましい限りです。

なぜうらやましいか?

うらやましいのは、自分でパソコンを修理できるだろうと思うからです。自作できるくらいなんですから。もとよりパソコンを自作しようなどとは思いもつきません。できるわけがないのはわかっていますし、現在はパソコンの価格もかなり下がってきていますから、自作できる能力はうらやましいですが、自作すること自体に憧れはありません。問題はパソコンが壊れた時です。修理できる人、自作できるような能力のある人が本当にうらやましかったですね。

パソコンを修理に出すと

パソコンを修理に出すと、戻ってくるまで1か月くらいはかかります。それは予備のパソコンを用意しておくことで、それなりに対応できますが、データが全部消えてしまうというのが困りますね。それも常にバックアップしておけばいいことなんですが。でも、自分で直せるならそれほど便利なことってないじゃないですか。便利どころじゃないレベルかもしれません。パソコンを使う人の0.何パーセントくらいが、パソコンを自作できる人なんでしょうか。

優れた技術者が在籍するキョウデンでは、信号品質を改善したプリント基板設計のサービスを提供しています。キョウデンの特徴は、企画設計と回路設計を融合させているので基板設計のコストを削減することができます。