種類がたくさんあって迷う方に!3部屋カーテン選びのポイント!

リビングでのカーテンの選び方のコツ

リビングルームのカーテンを選ぶ場合、まずは全体のインテリアイメージを統一することが重要です。インテリアイメージでは、例えば北欧スタイルやシンプルモダン、和風モダンなどインテリアイメージを考えます。その上で、全体的なカラーコーディネートも考慮する必要があります。特に、床や壁などの大きな面積の色やソファなどの家具の色なども重要です。大きな面積の壁や床などと同系色にするのか、またはあえて対象的な色にするかによってかなりイメージは変わってきます。

和室のカーテンの選び方について

最近の和室では和洋折衷な和室が多く、カーテンを設置することも多いです。和室に合うようなデザインカーテンも、各カーテンメーカーによってたくさん用意があります。畳などの自然素材とコーディネートするために、落ち着いた色をチョイスすると全体的にバランスが良いでしょう。また、最近ではカーテンではなくプリーツスクリーンというものが人気です。プリーツスクリーンとは、ヒダがあり上げ下げできるシンプルなデザイン。和紙調など種類も豊富にラインナップされています。

ベッドルームでの遮光カーテンの選び方

ベッドルームでのカーテンで人気なのは、遮光カーテンでしょう。遮光カーテンとは名前のごとく、陽の光を遮ってくれるカーテンのことです。この遮光カーテンには、遮光率によって等級が決められています。1級から3級まであり、1級が一番遮光率が高く99.99%以上の遮光率があると言われています。ほぼ部屋の中は暗い感じとはなりますが、ただしカーテンの隙間などから光が漏れることもあります。光漏れが気になる方は、ピンなどでしっかり止めるといった対策をすると良いでしょう。

ひもカーテンは通常のカーテンと違い、沢山の紐を上から垂らし、垂れ幕のような存在感と涼しげな印象のカーテンの事です。