客の協力が前提!?1000円カットの安さの秘密

1000円カットでは客の配慮も必要

1000円カットは短時間で髪を切ってくれるので、急いでいるときなどに重宝します。たとえば、営業職の会社員が急遽、大事な客に会わないといけなくなったという場合、すぐに身だしなみを整えられるので便利です。もちろん、料金も一般的な床屋や美容院と比べると格安なので、その点もありがたいですよね。ただ、1000円カットは格安な分、いろいろなところでコストダウンをはかっているので、客の方が配慮しなければならない部分もいくつかあります。

レジが存在せずお釣りを出せない店がある

たとえばどのようなものが挙げられるかというと、店側に釣り銭を用意させないというものがあります。1000円カットの店はすべてそうだというわけではありませんが、お金のやりとりを自動販売機のみで行っているチェーン店があるのです。その販売機は千円札しか入らず、千円札と引き替えにチケットを購入できるようになっています。小銭も入らなければ、五千円札や一万円札を入れてお釣りが出てくる仕組みにもなっていないので、絶対に千円札を持っていないといけないんですね。

髪の毛を洗う設備がないことも

また、1000円カットのみの営業を行っているところでは、髪を洗ってもらえないことがあります。洗髪できる設備がないのです。そのため、切った髪の毛が多いと、頭の部分に残ってしまい、歩いていると肩に落ちてくるということもあり得ます。そのため、1000円カットを普通の床屋と同じように使うつもりであれば、カットしてもらったあとはそのまま街を歩いたり、人に会ったりせず、家に帰って髪の毛を洗った方がいいでしょう。

1000円カットのフランチャイズは早いけれど雑ではありません。毎週行けば4000円でいつでもきれいでいれますよ。